神戸市北区にある改善率90%を誇る施術で痛みを解消する整骨院

清鍼堂鍼灸整骨院


坐骨神経痛について

坐骨神経痛の絵2.jpgおしりから足の痛みで仕事や家事に支障が出てきた。座っていても歩いていてもおしりと足の痛みが出ている。もしかしたらそれは、坐骨神経痛かもしれません。
あまりにも症状がきつい方は夜も眠れないという方もいらっしゃいます。
しばらく様子を見ていたが、一向に良くならない。また、他院に行ったがあまり改善しないという方は不安な気持ちだと思います。
でも大丈夫です。坐骨神経痛の多くは治る症状です。まずは、坐骨神経痛について知りましょう。

  • 1坐骨神経痛とは
  • 2坐骨神経痛の原因
  • 3坐骨神経痛の改善方法・治療

1坐骨神経痛とは

坐骨神経は関連する神経まで含めますと、おしりから太もも、ふくらはぎ、足先まで伸びている非常に長い神経になります。
その為、坐骨神経痛の症状はおしりから足全体まで広範囲になることが特徴です。
この足全体に伸びている神経に筋肉の過緊張や腰や骨盤の関節のゆがみや変形で何らかの負荷かがかかり、坐骨神経の走行(神経の伸びている流れ)に痛みが出てくるものです。じっとしていても痛む場合もありますし、歩くと痛む場合もあります。場所もおしりだけが痛い人もいれば、太ももだけ、ふくらはぎだけが痛い場合もあります。それでも足の痛みだけの痛みの場合でもおしりを確認してみると、ガチガチになっている場合が殆どです。このことも含め、おおもとの原因は、おしりか、腰あたりにあることが殆どです。

2坐骨神経痛の原因

  1. 椎間板ヘルニア
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 脊椎分離症
  4. 腰椎変形症
坐骨神経痛は病名で使われることも多いですが、症状として使われることもあります。実は腰痛や下肢(足全体)の痛みの原因は8割が画像診断(レントゲン・MRI・CT検査)では原因がわからないと言われています。この画像診断で異常が出ている場合は、上記の場合では腰椎ヘルニアや脊椎間狭窄症などが病名で、坐骨神経痛が症状となり、画像診断で異常がないのに症状が出ている場合は坐骨神経痛が病名になります。

heruniashashin.jpg椎間板ヘルニア:腰の骨は椎骨という骨の集まりでできています。この椎骨と椎骨の間に椎間板という軟骨があります。この軟骨がクッションの役割を果たしていますが、この軟骨がはみ出したり、飛びだしたりして、腰の神経を圧迫して起こります。中腰や前かがみなどの同じ姿勢を長時間したり、腰の負担のキツイの作業の繰り返しで起こりやすいです。

脊柱管狭窄症:背骨の中には脊柱管というものがあり、その中に脊髄と神経が通っています。この部分が狭くなって神経を圧迫するものを脊椎間狭窄症と言います。腰の痛みや足のシビレが症状として出てきます。生まれつき脊柱管が細い方もいらっしゃいますが、殆どは、加齢とともに体重のよくかかる場所である腰部の骨の変形で出てきます。

seboneshashin.jpg脊椎分離症:腰の部分の背骨の腰椎と腰椎との関節の連結が骨折や無理な負荷によって離れてしまって発症するので分離症といいます。
スポーツや仕事で負荷をかけ続け過ぎると疲労骨折のように腰の骨と骨が分離してしまいます。又、成長期の時にスポーツでなっていて、大人になって腰痛でレントゲンを撮った時に初めて気づくという場合もあります。分離症の場合は下肢の痺れや痛みとありますが、多くは腰の鈍痛と張りが多く、腰をそらした時に痛みが出やすいのが特徴です。又、分離している分、腰の固定力が弱いため、前に腰の骨が滑っていく分離すべり症となりやすいです。

変形性腰椎症:加齢によって腰椎が変形し、神経を圧迫して腰や下肢の痛み痺れが出てきます。多くは骨棘というトゲ状になって神経に当たると症状が出てきます。骨棘の場合は特定の角度や位置で症状が出る場合が特徴です。骨棘の場合は1年から2年ほどで自然治癒します。

坐骨神経痛の改善方法・治療

坐骨神経痛の改善方法として、重いものを持たない、長時間同じ姿勢しない、長時間座らない、適度に歩く、ストレッチ、筋肉を鍛えるなどありますが、出ている原因によっては悪化する可能性もありますので、お気を付けください。

さて、当院の治療ですが、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など腰椎の異常から坐骨神経痛につながっていくもの当然ありますが、おしりから足にかけての筋肉の異常な硬さにも注目します。坐骨神経痛の多くの原因は、筋肉の硬さや疲労が考えられます。

では筋肉を揉めば治るのかといえばそうではありません。患者様の中でもご自身で揉んだり叩いたり、マッサージに行って1時間揉んでもらっても治らなかっと思います。これは筋肉の中の疲労が抜けていないからです。当院では、まず、体全体の循環を改善させていきます。体は筋肉だけではなく、筋膜によってつながっていますので、当院オリジナルの整体で循環を改善させることにより、体全体の治癒力を向上させます。そして、硬くなっている筋肉を徹底的に緩めていきます。筋肉組織の中の疲労物質を筋肉から排出させることによって筋肉は緩みます。筋繊維自体は元もと硬いものではありません。筋肉繊維の中にある疲労物質が硬さを作り出します。ですから、ストレッチをしても筋肉は伸びるようにはなりますが、筋肉自体は押しても硬いままなのです。この筋肉自体を緩めていく施術を行っていきます。

あなたは坐骨神経痛でいろいろと調べたり、施術を受けてこられたりしていませんか?それでも症状が改善していない・・・それは原因をしっかりと把握できていないからかもしれません。また、原因がわかっていても、正しく治療していかなければ改善は難しいです。もし、今までの治療で改善が思わしくないのであれば、是非一度当院にご相談ください。きっとお力になれると思います。
集合写真1.JPG

清鍼堂鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町1丁目10-18 PALDEUX304号
アクセス:
神戸電鉄 岡場駅 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-203-2934
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
水曜日・日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ