神戸市北区にある改善率90%を誇る施術で痛みを解消する整骨院

清鍼堂鍼灸整骨院


膝の痛み

こんにちは。南です。
さて今日は膝の痛みについてお話ししたいと思います。
先日、膝の痛みで来院された女性の患者さん(50代)ですが、レントゲン検査の結果、軟骨がすり減って痛みが出ているとの診断でした。ここまではよく聞く話なのですが、今回はなぜ軟骨がすり減って痛みが出るのかを簡単ですが説明したいと思います。

軟骨が減ると隙間が狭くなって痛みがでるイメージの方が多いと思いますが、それはかなり進行した状態ですね。基本、少し軟骨がすり減っても骨と骨は当たりません。ではなぜ痛いのか?
それは変形性の膝関節症になっていくと関節に負担がかかり、軟骨部分に損傷が出たとしますね。

本来は軟骨には神経や血管がないので痛みを感じることはほぼないのですが、ぶつけたり、捻じったりしてけがをすると、軟骨の傷から軟骨の中に血管が伸びていき、その時に神経も一緒に伸びていくというデーターがあるそうです。神経が伸びていくということは痛みを感じてもおかしくはないということなんでしょうね。これが軟骨がすり減っての痛みの原因だと思います。

この時は血管が伸びて神経が入ってきてるので、回復が見込めます。しばらく安静で治る可能性がありますので、揉んだりたたいたりせず、ゆっくりするのがいいかと思います。

膝の痛みはいろんな原因がありますが、今回は、一つのパターンを考えてみました。
膝の痛みでお困りの方は一度ご相談ください。

それではまた( ´∀` )

施術料金

膝の痛み(4回) ¥12.800

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

清鍼堂鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町1丁目10-18 PALDEUX304号
アクセス:
神戸電鉄 岡場駅 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-203-2934
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
水曜日・日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ