神戸市北区にある当院は、たった1回のオーダーメイド施術で痛みを解消する整骨院です

清鍼堂鍼灸整骨院


東洋思想で施術するのは少数派

はい、こんにちは。
最近、施術が忙しくてさぼってましたw

今回は東洋的鍼灸と西洋的鍼灸について説明したいと思います。

簡単に分けますと

A)東洋的・・・五臓六腑の動きを見て全体の流れの調整
B)西洋的・・・今そこにある症状に対しての施術

と思ってもらうとわかりやすいですね。
まあ、ハッキリと区別するのは難しいんですが。

上記の説明では東洋的と西洋的の鍼灸がどちらがいいとはいえません。
患者様の状態がどうで、どのようにして治していきたいのかで使い方がかわります。

例えばBで治したいと思っていても体の治癒力が落ちていればなかなか治りませんし、また逆にAで治したいと思っても全体を
変化させるには回数と時間が必要になってきます。

まあ、実際、臨床の現場で見てみると痛みや辛さが症状として出てきてるじゃないですか。
まずはこのつらい症状を取りたいと思いますよね?

ここで出番が、Bなんですよね・・・
局所治療ってやつです。  これは瞬間で症状が取れたりもするんですが、また元に戻りやすい感じですね。全体の体力が戻ってないんですからね。

もちろん、戻らないケースもありますよ。そのまま治っちゃう。ってね

これは症状が軽かったか、その人の体力が凄かったということが考えれますね。

だから私もまずは実際の臨床では局所の痛みを取っちゃうw
んで、ゆっくりとAで体質をかえていくのをこころがけてますね。

よくですね、1回鍼灸をしてもらったけど効果なかった。とか直ぐに症状が再発したとか言われる方がいるんですけど
ここで言ってるように、施術のバランスなんですよね。

話を題名に戻しますと、患者さんサイドは早く症状から解放されたいからすぐの結果を求めやすい・・
するとゆっくり回数かけては施術できないから東洋的な施術が少数派になってくるんですね

効果が出るのに時間がかかっちゃうですよ。

と、まあ患者様サイドの理由を書いてみたんですけど、これだけではないんですけどね。

もう一つ大きな理由は・・・

東洋的な施術は難しいからWWWw

うん。絶対この理由も大きいはずです。w
















更新

<< 前の記事

清鍼堂鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町1丁目10-18 PALDEUX304号
アクセス:
神戸電鉄 岡場駅 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-203-2934
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ