神戸市北区にある当院は、たった1回のオーダーメイド施術で痛みを解消する整骨院です

清鍼堂鍼灸整骨院


東洋医学にも解剖学があった?

ここでいう解剖学とは単に体の中身、つまり内臓の形や位置、繋がり方をいいます。
まず、解剖と言う字は黄帝内経の「素門」に黄帝と岐白の会話の中にあります

「人を解剖してその臓の堅脆、腑の大小、その中に入っている穀の多少、脈の長さ、それらをみるべき」と。
はっきりと体をひらいてその中身を調べなさいといってるんですね。

ただ、この後の記録がない。 実際の解剖学は内臓や血管だけではないですよね。
筋肉、靭帯、神経、リンパ、骨格、関節、骨膜、筋膜・・・構造的なものはまだまだあります

とりあえず開いてみた、五臓六腑の形と、位置がわかったと・・・その後はこの臓腑とその他のものの関連性や相克関係、相乗関係を抽象化できる方法、方程式みたいなのがあったんでしょうね。そう考えていくと、こうして東洋医学がが生まれたと思えますね。

さてさて、この臓と腑を分けたと言うのも大事なことです。
臓・・・肝、腎、脾、肺、心の5つと特別に心包
腑・・・胃・大腸・小腸・胆・膀胱・三焦
となっております

これらは表裏関係で肝ー胆嚢 心ー小腸 脾ー胃 肺ー大腸 心包ー三焦となっております。ここで大事なのが、昔の人は内臓を取り出して名前をつけたと言うことです。
そして、臓と腑を分けたと言うことなんです。
どうわけたかというと、腑には水穀といって「水や穀」が収まり、臓は神は蔵しているていると言うことなんですね。
この区別が非常に大事なんです。

詳しく述べますと、腑には水穀、これは口から入って、肛門に出て行くものですが、
要は栄養素の通り道ですね、その中で穀と水を分離したり、吸収したりしていくわけですね。

そして、臓は表裏関係の腑の働きを司る様な働きをするわけですよね。
これは簡単な説明ですが、要は、昔の人は解剖をしてその役割をしっかりとみていた訳ですね。現代では当たり前の話ですが、当時ではすごいことですね。

後ですね、心包と三焦には形がないんです。解剖した結果、心包と三焦はなかったんです。ということは、東洋医学の便宜上、後から作ったと考えられます。








更新

<< 前の記事 次の記事 >>

清鍼堂鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町1丁目10-18 PALDEUX304号
アクセス:
神戸電鉄 岡場駅 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-203-2934
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ