神戸市北区にある改善率90%を誇る施術で痛みを解消する整骨院

清鍼堂鍼灸整骨院


なぜ長く座ると坐骨神経痛になるのか

長く座っていて立ち上がる時に、腰やお尻、ひどい時には足のほうまでシビレが出たことはありませんか?それは坐骨神経痛かもしれません。
では、何故そのような症状が出るのでしょうか?

太った人.jpg1、急激な体重の増加・・・ここ数カ月のうちに体重が5キロ以上増えてきた、特に上半身のほうにお肉がついてきてしまった。このような方は、座った時に腰とお尻に負担がかかってきます。急激な体重増加は筋力が追い付かず、過度な圧迫がかかると痛みとシビレが出やすくなります。
最近、体重が急激に増えてきたという方は要注意です。 
ストレスからくる食べすぎ、ダイエットのリバウンドなどには気を付けてください。


2、足や腰の筋力の低下・・・長時間座っての作業を繰り返して続体操女性.jpgけていると足や腰の筋力がおちてきます。また腹筋も弱くなり、さらには腹筋だけでなく背筋も弱くなってくると、腹圧のバランスが崩れて腰の負担が増えてきます。その為、腰痛がおこりやすく、坐骨神経痛まで出てくることがあります。
車通勤や通勤電車での長時間の座位、一日中のデスクワークなどで歩く距離が少ない人なりやすい傾向です。万歩計で一日4000歩以上が理想です。4000歩から6000歩ほど歩けば筋力の低下は防げます。


冷え性足の絵.jpg3極端な冷え・・・腰から足まで極端に冷えている場合もなりやすいです。冷えると当然血流が悪くなり、筋肉や神経の栄養交換、酸素交換、老廃物の排出の阻害などがおこり、痛みやしびれの原因となります。
 最近は冬の冷えだけでなく、夏場のエアコンもかなり冷えてくるので、冷え性の方は特に注意が必要です。




デスクワーク女性.jpg4座位での姿勢・・・よく背中を丸めて座って作業を人がいます。いわゆる猫背ですこれは腰だけでなく、首や背中にまで負担がかかります。この状態で長時間いると腰痛と坐骨神経痛の発症の可能性が高まります。腰を伸ばして座るか、こまめに立ち上がって歩いたり、動いたりして下さい。ずっと同じ姿勢がよくありません。


清鍼堂鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町1丁目10-18 PALDEUX304号
アクセス:
神戸電鉄 岡場駅 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
078-203-2934
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
水曜日・日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ